初めての方へ

  • HOME
  • 初めての方へ

見えない不安を、見える安心へ

最初は少し勇気がいるかもしれませんが、皆さまのお気持ちを汲み、温かくお迎えします。

「こんな小さな悩みで受診するのは笑われるのではないか」

「怠けているだけなのではないか」

医療機関にかかるべきかどうかを悩まれている方は、多いものです。これらのお悩みは、決して恥ずかしいことではありませんし、苦しさは人と比較するものでもありません。ご自分の心や身体が「ストレスを感じている」「不調が続いている」と感じたら、どうぞご相談ください。

自分自身(あなた)を大切に応援してあげてください。私どもは温かくお迎えいたします。

診療の流れ

1.予約

まずは、ご来院の日時をご予約ください。

2.受付

診察の前に受付を済まし、問診票や簡単なアンケート方式の心理テストなどをご記入いただきます。

3.カウンセリング

個人差はありますが、平均すると1時間弱といったところです。場合によっては、血液検査もおこないます。これらの結果を踏まえたうえで、今後の治療方針を決定していきます。

4.通院

一度お話をしたことですっきりとし、症状が軽快することもあります。しかし、継続した治療が必要なことも多く、1~4週間に1回頻度の通院となります。回復された後もメンテナンスを続けることで、仕事や生活が維持できるケースもございます。くわしくは、各症状の欄をご参照ください。

診療案内

主な疾患

うつ病、うつ状態、躁うつ病(双極性障害)、不安障害、睡眠障害(睡眠時無呼吸症候群、概日リズム睡眠障害、不眠症など)、統合失調症、更年期障害、育児や不妊の悩み、自律神経失調症、パニック障害、心身症、身体表現性障害、社交不安障害、強迫性障害、ストレス関連障害(急性ストレス障害、外傷後ストレス障害(PTSD)、適応障害)、認知症、摂食障害、人格障害、発達障害(自閉症スペクトラム、注意欠如多動性障害(ADHD))

うつ病・うつ状態

心のエネルギーが低下してしまい、落ち込んだ状態が続く病気です。「うつ」という言葉は広く一般に知られていますが、最近では、典型的な内因性のうつ病の方よりも、他の疾患(発達障害、適応障害など)によって現れる「うつ状態」も多く認められるようになっています。

うつ病・うつ状態について

躁うつ病

テンションが異常に高い「躁(そう)状態」と、気分が著しく落ち込む「うつ状態」を繰り返す病気です。躁状態が激しい場合は「Ⅰ型」、軽度な場合は「Ⅱ型」と診断されます。Ⅱ型は、人によっては病気の背景に、性格的な特徴、考え方の癖、発達障害など、多種多彩様な要因を抱えていることが特徴です。

躁うつ病について

不安障害

不安障害とは、精神疾患の中でも、主な症状として「不安」が現れる疾患の総称です。パニック障害、社交不安障害、全般性不安障害、恐怖症、強迫性障害、外傷後ストレス障害(PTSD)、急性ストレス障害などに分類されます。

不安障害について

睡眠障害・不眠症

睡眠障害には、睡眠時無呼吸症候群、概日リズム睡眠障害、過眠症などがありますが、なかでも多くの人を悩ませているのが「不眠症」です。不眠症には、「入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害」という4つのタイプがあり、症状が重複してみられることがほとんどです。睡眠障害をあなどっていると、他の病気を誘発するなど、心身の健康に重大な結果をもたらす恐れがあります。

睡眠障害・不眠症について

統合失調症

統合失調症は、幻覚、(幻聴、幻視)、感情や思考がまとまらないなどの症状を引き起こす疾患です。症状は大きく分けて「陽性症状(幻覚、妄想など)、陰性症状(感情表現・意欲の減退など)、認知機能障害(情報処理や注意集中、記憶がうまくいかなくなる)」の3種類があります。治療には薬物療法が効果的で、近年では、副作用が軽減し服用しやすい様々なタイプの薬が登場しています。

統合失調症について

更年期障害

更年期の体と心に訪れる、さまざまな不調の総称です。自律神経失調症と似た身体症状を引き起こすほか、精神症状として気分の落ち込み、不安、イライラ、うつ、無気力感などが現れます。しかし、更年期世代にみられる精神症状は、必ずしも更年期障害によるものではなく、他の精神疾患である可能性も考えられます。

更年期障害について

育児・不妊の悩み

育児の悩みとは、出産や子育ての時期に、母親が情緒不安定、うつ状態、不眠などを起こす状態です。出産後のホルモンバランスの崩れや、子育てに対する不安・自信喪失などが原因とされています。一方、不妊の悩みとは、妊娠に関する自信喪失、焦り、自責感などからくる精神の失調です。

育児・不妊の悩みについて

その他の疾患

発達障害

発達障害とは、生まれつきの脳機能の発達のアンバランスさ・凸凹(でこぼこ)と、その人が過ごす環境や周囲の人とのかかわりのミスマッチから、社会生活に困難が発生する障害のことです。発達障害はいくつかのタイプに分類されており、自閉症、アスペルガー症候群、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害、チック障害などが含まれます。これらは、生まれつき脳の一部の機能に障害があるという点が共通しています。
自閉症スペクトラム(ASD)は、自閉症、アスペルガー症候群、そのほかの広汎性発達障害が含まれます。本質的には同じ1つの障害単位だと考えられています(スペクトラムとは「連続体」の意味です)。典型的には、相互的な対人関係の障害、コミュニケーションの障害、興味や行動の偏り(こだわり)の3つの特徴が現れます。
自閉症スペクトラム障害の人は、最近では約100人に1~2人存在すると報告されています。男性は女性より数倍多く、一家族に何人か存在することもあります。
注意欠如・多動性障害(ADHD)は発達年齢に見合わない多動‐衝動性、あるいは不注意、またはその両方の症状が、7歳までに現れます。学童期の子どもには3~7%存在し、男性は女性より数倍多いと報告されています。男性の有病率は青年期には低くなりますが、女性の有病率は年齢を重ねても変化しないと報告されています。最近では、うつ状態や適応障害を呈する人の中に、発達障害を有するケースが存在することがわかっており、発達障害に対する支援や治療が重要となっています。

自律神経失調症

自律神経失調症とは、ストレスなどの影響で、自律神経(交感神経と副交感神経)がバランスを崩して、心身にさまざまな不調を招く病気です。慢性的なだるさ、めまい、ほてり、冷え性、不眠、情緒不安定などの症状を引き起こしますが、「内科や耳鼻科を受診しても特に悪いところが見つからない」というケースも少なくありません。

心身症

心身症とは、個別の疾患名ではなく、精神的なストレスや緊張などが原因で、身体的な不調が現れている状態を指します。症状は、胃潰瘍、腹痛、下痢、頭痛、食欲不振、めまいなど、さまざまです。

身体表現性障害

長期間にわたって、痛み、吐き気、しびれなどの症状があるにもかかわらず、検査をしても異常が見つからない病気です。さまざまな診療科を訪ねても原因が分からず、精神科を受診するまでに時間がかかるケースも少なくありません。

社交不安障害(SAD、社会不安障害、社会恐怖)

社交不安障害とは、初対面の人と会う、大勢の人の前で発言するなどの場面において、会話や発言に支障をきたすほど、緊張や不安が著しく、その苦痛から、社会的状況や人前での行為を避けたくなり、社会生活に障害が出てしまう状態です。緊張症状は、意識すればするほど強くなり、徐々に自信を喪失して消極的になります。従来、「対人恐怖症」「あがり症」「赤面恐怖症」と呼ばれていたものも、この疾患に含まれます。

強迫性障害

本人の意に反して、不合理な思考やイメージ(強迫観念)が繰り返し浮かび、不安や恐怖を引き起こす病気です。不安や恐怖から逃れるために、強迫行為を繰り返しおこなうケースもあります。強迫観念として最も多いのは、汚染に関するもので、接触により自身が汚染されるイメージから不安となり、繰り返し手を洗ったり、長時間入浴したりすることで、不安を打ち消そうとします。他にも、戸締りや火の元といった安全確認、順序、数字、他傷行為に関する強迫行為がみられます。

ストレス関連障害(急性ストレス障害、外傷後ストレス障害(PTSD)、適応障害)

急性ストレス障害や外傷後ストレス障害は、命の危険が迫るような激しいストレスにさらされた後(=3か月以内)に発症するもので、発症時期と経過によって、「急性」と「外傷後」に分類されます。適応障害とは、不幸な体験やストレスに対する不適応反応です。ストレスになっている原因が消失すれば、6か月以内に改善するとされています。

PTSD(Post Traumatic Stress Disorder、心的外傷後ストレス障害)は、強烈なストレスやショック体験が心にダメージを与え、その体験からしばらく時間が経過しても、強い恐怖を感じる病気です。原因となる体験は、自然災害、火事、事故、暴力、犯罪被害などで、ふいにその体験を思い出す(フラッシュバック)、不安や緊張が続く、めまい、頭痛がある、不眠といった症状を引き起こします。

PTSD(Post Traumatic Stress Disorder、心的外傷後ストレス障害)

PTSDは、強烈なストレスやショック体験が心にダメージを与え、その体験からしばらく時間が経過しても、強い恐怖を感じる病気です。原因となる体験は、自然災害、火事、事故、暴力、犯罪被害などで、ふいにその体験を思い出す(フラッシュバック)、不安や緊張が続く、めまい、頭痛がある、不眠といった症状を引き起こします。

認知症

生後いったん正常に発達した精神機能が、慢性的に減退・消失することで、日常生活や社会生活に支障をきたす病気です。記憶障害、判断力の低下、見当識障害などの症状が現れます。

摂食障害

摂食障害とは、食行動に深刻な障害が現れる精神疾患です。過度な食事制限で痩せすぎる「神経性食欲不振症」と、食べ過ぎと体重増加を防ぐための代償行動(自己誘発性嘔吐や絶食など)を繰り返す「神経性過食症」があります。

境界性人格障害

人格障害(パーソナリティー障害)は、認知、感情、衝動コントロール、対人関係など、広範囲のパーソナリティー機能の偏りから、問題が生じる精神疾患です。人格障害の方は、大多数の人とは違う行動や反応をしてしまうことに苦しみ、周囲の人も困惑します。決して性格が悪いという問題ではありません。

PTSD

外傷後ストレス障害の略語です。天災や交通事故、試合中のアクシデントなどにより強い恐怖を感じると、それがトラウマになって、同じ行動が取れなくなる場合があります。飲酒に走るケースも見受けられますので、体調を壊す前に、根本的な見直しを図っていきましょう。

検査・治療法

<主な検査・治療方法 一覧>

薬物療法、精神療法、心理カウンセリング・心理検査、鍼灸、マッサージ、プラセンタ注射、にんにく注射、にんにく総合ビタミン点滴、グルタチオン点滴、デトックス水素カプセル(暫定名称)、水素吸入

薬物療法

薬物療法は、精神科の治療の中で、心理療法や社会療法と並ぶほど、非常に重要な柱になります。疾患や状態により、薬物療法が必須の場合や、心理・社会療法のほうが優先される場合がありますので、正しい診断により、適切な治療選択がおこなわれることが必要です。当院では、副作用を起こさない必要最小限のシンプルな処方を心がけております。また、漢方薬の処方もおこなっております。

費用 保険適用です。自費診療をご希望の場合も承ります。
精神療法

医師が、対話によって患者さんの心に働きかけて、精神的苦痛を取り除く心理療法です。支持的・共感的におこなうことで不安を軽減し、心に希望をともす役割があります。認知のゆがみがある場合は、認知行動療法的なかかわりをおこないます。

費用 保険適用です。
心理カウンセリング

臨床心理士によっておこなわれる心理療法です。当院では、経験豊富な臨床心理士が、50分間かけてじっくりおこないます。

費用 心理カウンセリング:自費診療です。
心理検査:保険適用です。
鍼灸・マッサージ

自律神経失調症、不眠、うつ状態、肩こり、頭痛、食欲不振、ストレス関連疾患などに効果があるとされています。当院では、はりきゅう整体治療院「薫風」の大原繁子先生にご来院いただき、毎週水曜日に施術をおこなっております。鍼を刺す事に不安のある方には、マッサージやお灸をおこないますので、遠慮なくお問い合わせください。

費用 自費診療です。鍼灸5,040円(税込)マッサージ 美容鍼
プラセンタ注射

「プラセンタ」とは胎盤のことです。プラセンタ療法は、胎盤から抽出したエキスを用いて、さまざまな疾患や体調不良を改善へ導きます。特に、更年期障害、自律神経失調症、肝機能障害、うつ状態、不安、肌荒れ、アトピーなどでお悩みの方におすすめです。当院では、ヒトプラセンタエキスの注射や、豚プラセンタからのサプリメントをご用意しております。

費用 自費診療です。1アンプル1,730円(税込)〜
※肝機能障害や更年期障害には、保険適応も可能です。
にんにく注射・にんにく総合ビタミン点滴

にんにくに含まれるビタミンB1を中心に配合した、注射・点滴です。にんにくそのものが入っているものではありません。ビタミンBには、疲労物質の乳酸を燃やす働きがあり、疲れやだるさが抜けない場合にはもちろん、冷え性、虚弱体質、風邪の諸症状、夏バテ、片頭痛、肩こり、腰痛、不眠の悩み、二日酔いなどにおすすめです。

費用 自費診療です。2,160円(税込)〜
グルタチオン点滴

グルタチオンとは、3つのアミノ酸が連なったペプチド(化合物)のことです。動物や植物、微生物の細胞の中に存在しており、解毒作用や抗酸化作用があり、健康維持には必須の成分です。グルタチオンは、皮膚、肝臓、目(水晶体や角膜)などに多く含まれていますが、加齢や紫外線の影響で減少しやすくなっているので、点滴で補うと効果的です。また、パーキンソン病の患者さんの脳内ではグルタチオンが減少していることがわかっており治療手段としても非常に有効だと報告されています。

費用 自費診療です。
6,480円(税込)〜
デトックス水素カプセル

洋服を着たままでご利用いただける「リラクゼーションカプセル」です。肩こり、冷え性、不眠症、ダイエット、二日酔いに有効です。モード選択により、さらに「ダイエット機能の高める」などの追加設定も可能です。当院では水素吸入装置を導入し、水素をを吸いながらカプセルを体験することで、よりデトックス効果を高めることができるようにいたしました。カプセル単独でのご利用も可能です。

費用 自費診療です。
2,160円(税込)
水素吸入

近年、活性酸素の害を取り除く手段として、水素に注目が集まっています。

活性酸素は、体の構成成分を酸化させ老化を促し、動脈硬化性疾患や、癌などの多くの疾患の原因となる等、さまざまな害をもたらします。また、慢性関節リュウマチ、潰瘍性大腸炎などの自己免疫疾患や、慢性炎症性疾患では、組織の炎症によって作られる活性酸素が、疾患の進行・増悪を引き起こします。しかし、活性酸素の中には、体に必要な「善玉」もいて、すべての活性酸素を消去すると、体の機能に悪影響を及ぼす可能性もあるというジレンマがあります。

そこで活躍するのが「水素」です。近年の研究で、水素は活性酸素の中でも、体の組織や細胞にダメージを与える「悪玉活性酸素(=ヒドロキシルラジカル)」だけを消去し、善玉の活性酸素の働きを妨げないことが明らかになっています。しかも、水素ガスの分子は極めて小さいため、体内のあらゆる場所に容易に浸透して、抗酸化作用を発揮できます。このように、水素ガスは、生体にとって理想的な抗酸化物質と言えます。

活性酸素を増やす因子は、紫外線、喫煙、車の排気ガス、電磁波、放射線、環境ホルモン、殺虫剤、農薬、ストレス、栄養素の不足など、私たちの身の回りに溢れています。健康的な生活を送りたい方には、定期的な水素吸入によるメンテナンスが有用です。理想的な水素吸入の頻度は、1回30分・週2回です。当院では、デトックス水素カプセルでの利用や、注射や点滴と同時進行の水素吸入が可能です。

費用 自費診療です。
1,080円(税込)/30分

初めての方へのメッセージ

当院を「特別な治療の場」と考えず、まずは、お悩みを相談するところから始めてみませんか。大切なのは、皆さまの苦しんでおられること、困っておられることを、解決・改善し、明日に向かってより良いスタートがきれるようになることです。いろいろな気づきが、よりよい人生のエッセンスになると信じています。どうしても偏見を持たれやすい分野ではありますが、「来て良かった」と感じていただけるよう、誠心誠意を持ってお迎えいたします。薬物療法に限らず、代替療法としての治療やケアも用意し、統合医療的なスタンスで皆様の笑顔を引き出すお手伝いをさせて頂きます。

  • 完全予約制
    ご予約・ご相談はお気軽に

    受診に迷われている方のご相談もお受けしております。

  • 03-6280-8107

    top_spimg13.png